2019-05-19

憲法9条に反対した共産党

 帝国議会での審議中、共産党の立場が注目されます。よく知られているのが、1946(昭和21)年6月28日のいわゆる吉田・野坂論争といわれるものです。同日、共産党を代表して野坂参三が衆議院本会議で、つぎのような質問をしました。
「戦争には我々の考えではふたつの種類、ふたつの性質の戦争がある。ひとつは不正の戦争である。これは日本の帝国主義者が満州事変以後に起こしたあの戦争、他国征服、侵略の戦争である。これは正しくない。同時に侵略された国が自国を護るための戦争は、我々は正しい戦争といってさしつかえないと思う。中国あるいは英米その他の連合国、これは防衛的な戦争である。いったいこの憲法草案に戦争一般抛棄という形でなしに、我々はこれを侵略戦争の抛棄、こうするのがもっとも的確ではないか」
 この質疑に対して、吉田首相は以下のように答えました。
「戦争抛棄に関する憲法草案の条項におきまして、国家正当防衛による戦争は正当なりとせられるようであるが、私はかくの如きを認むることが有害であると思うのであります。近年の戦争は多くは国家防衛権の名において行われたることは顕著なる事実であります。ゆえに正当防衛権を認むることが偶々(たまたま)戦争を誘発する所以(ゆえん)であると思うのであります。ご意見の如きは有害無益の議論と私は考えます」(『官報号外』昭和21年6月29日、第90回帝国議会衆議院議事速記録第8号)

【『いちばんよくわかる!憲法第9条』西修〈にし・おさむ〉(海竜社、2015年)】

 日本共産党の唯一まともな見識として有名な発言である。戦前に外交官であった吉田茂が戦争に反対したことをもって平和主義者と誤解する向きがあるが、彼が志向したのは「勝てる戦争」であって勝ち目がないと判断して反対しただけに過ぎない。上記発言に関しても後にしらばっくれて平然としていた。戦後の日本を牽引したのは間違いなくマッカーサーと吉田茂であるが、吉田は老練な寝業師であった。吉田発言は芦田修正を完全に無視した暴言で、冷戦が激化する4年後の1950年元旦にマッカーサーが完全に否定した(「日本国民に告げる声明」)。

 この演説のなかで、(※野坂参三は)第9条についてつぎのように言い切っています。
「当草案は戦争一般の抛棄(ほうき)を規定しております。これに対して共産党は他国との戦争の抛棄のみを規定することを要求しました。さらに多国間の戦争に絶対に参加しないことも要求しましたが、これらの要求は否定されました。この問題は我が国と民族の将来にとってきわめて重要な問題であります。ことに現在の如き国際的不安定の状態のもとにおいて特に重要である。現在の日本にとってこれ(西注:政府草案第9条)は一個の空文にすぎない。われわれは、このような平和主義の空文を弄する代りに、今日の日本にとって相応(ふさわ)しい、また実質的な態度をとるべきである考えるのであります。要するに当憲法第2章は、我が国の自衛権を放棄して民族の独立を危うくする危険がある。それゆえに我が党は民族独立の為にこの憲法に反対しなければならない」(『官報号外』昭和21年8月25日、第90回帝国議会衆議院議事速記録第35号)
 なんと、現在の第9条を「一個の空文」であり、「民族独立の為に反対しなければならない」と明言しているではありませんか。「守ろう! 憲法9条」のポスターを張りめぐらし、憲法第9条の改正に絶対反対を唱えている現在の共産党と、いったいどこにどんな接点を見いだすことができるのでしょうか。

 吉田茂は何よりも経済を優先した。当面はアメリカに軍備を肩代わりさせておいて、経済復興が成れば憲法を改正するつもりだった。まだ東大生だった佐々淳行〈さっさ・あつゆき〉が直談判して本音を聞き出している(『重要事件で振り返る戦後日本史 日本を揺るがしたあの事件の真相』2016年)。

 自衛戦争は正当防衛の権利と見なすことができよう。西は自衛隊を軍隊と認識しているがそう簡単な話ではない。「自衛隊には敵基地攻撃能力はない」というのが政府見解である。つまり現行憲法下で戦争になることは本土決戦を意味するのだ。こんな馬鹿げたことはあるまい。相手が殴るのを待っているような姿だ。国外に出ることのできない自衛隊を軍隊と認めるのは難しい。国民が100人以上拉致(らち)されても何もできない軍隊があってたまるか(因みに拉致被害は警察事案であった)。

 現在行われている米中貿易戦争が日中戦争の導火線となるに違いない。米軍が沖縄から撤退すれば中国は直ぐに動くはずだ。

いちばんよくわかる!憲法第9条
西 修
海竜社
売り上げランキング: 345,597

2019-05-18

三島の遺言

 私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行つたら「日本」はなくなつてしまふのではないかといふ感を日ましに深くする。日本はなくなつて、その代はわりに、無機的な、からつぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであらう。それでもいいと思つてゐる人たちと、私は口をきく気にもなれなくなってゐるのである。

【「果たし得てゐいない約束――私の中の25年」
〈初出〉サンケイ新聞(夕刊)・昭和45年7月7日
 私の中の二十五年〈初刊〉「蘭陵王」・新潮社・昭和46年5月
『決定版 三島由紀夫全集 36 評論11』三島由紀夫(新潮社、2003年)
『文化防衛論』(ちくま文庫、2006年)】

 自決4ヶ月前の文章で三島由紀夫の遺言として広く知られる。三島が起こそうとしたクーデターの目的は憲法改正にあった。集った自衛官は怒号と野次をもって応えた。政治家も文化人も三島を狂人呼ばわりし、愚弄してみせた。

 意外と知られていないが三島は昭和天皇の批判者であった。そんな彼が「天皇陛下万歳!」を唱えて切腹するのである。三島は日本の矛盾を体現した。振り返れば明治維新は天皇の偽勅(ぎちょく)によって成し遂げられ、尊皇の理論的根拠を樹立した会津藩が朝敵とされた。明治憲法が施行(1890年/明治23年)された後も薩長閥が民主政を阻んだ。戦争に望んでも陸軍と海軍は反目し合った。二・二六事件は鎮圧され、軍部の暴走が始まる。大東亜戦争においては好機を何度となく見過ごし、長期戦となった挙げ句アメリカの物量に敗れた。

 天皇陛下を中心とする我が国に階級や奴隷は存在しなかったが、幕府という権力が二重性の温床となったのだろう。

 憲法改正を宿願とする安倍首相が昨年公明党の加憲に歩み寄った。にもかかわらず公明党・創価学会はそっぽを向いた。公明党は基本的に与党内左翼である。本来であれば共産党や社民党と政治理念を同じくするのだが、なぜか与党入りしたまま自民党とタッグを組んでいる。個人的には学会本部への税務調査を防ぐ目的があるのだろうと睨(にら)んでいる。前回の調査では竹下登首相に裏工作を頼んでおきながら、後になってあっさりと裏切り、関係者の間には強い遺恨がのこっているのだ。

 三島由紀夫は国士であった。牧口常三郎は一宗が滅びることよりも国家が滅びることを憂えた。果たして今、国の行く末に思いを馳せる創価学会員がどれほどいるか? 北朝鮮による拉致被害から40年が経過し、中国が領空・領海侵犯を繰り返す中で護憲を主張するのは国家転覆を企図する左翼に与(くみ)する行為であると断じておく。

蘭陵王―1967.1-1970.11 (1971年)
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 156,776

日本人養成講座 (パサージュ叢書―知恵の小径)
三島 由紀夫
メタローグ
売り上げランキング: 1,674,548

決定版 三島由紀夫全集〈36〉評論(11)
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 366,815

文化防衛論 (ちくま文庫)
三島 由紀夫
筑摩書房
売り上げランキング: 59,017

2019-05-12

日蓮正宗信徒から折伏ショートメールの連打

 笑ってしまったよ。創価学会と瓜二つで(笑)。争う心、争わずにはいられない生き方が日蓮系の宿業か。争え、争え。我こそは正義なりと錯覚しながら身を焼き尽くすまで争うがいい。今度会う機会があったら泣いて許しを請うまで破折してやるよ。

【韓国】安倍人形の首を切断する韓国の反日デモ

2019-05-11

「韓国は日本の兄か姉のような存在」